安保議論なき国会 「桜を見る会」は最優先課題か

参院予算委員会で安倍晋三首相(左)主催の「桜を見る会」問題を追及する共産党の田村智子氏(右)=11月8日、参院第1委員会室(春名中撮影)

参院予算委員会で安倍晋三首相(左)主催の「桜を見る会」問題を追及する共産党の田村智子氏(右)=11月8日、参院第1委員会室(春名中撮影)

 【政界徒然草】 今国会は12月9日の会期末まで残り2週間を切った。最重要課題である日米貿易協定承認案は参院で審議が続くが、北朝鮮の弾道ミサイル発射や日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の問題など、日本を取り巻く安全保障環境に関しては国会の予算委員会でほとんど取り上げられていない。安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の追及を最優先し、政権との対決姿勢を演出する主要野党の姿勢には疑問符が付く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ