突然の方針転換…異常な“親北”文政権への対処法は「余計な関与をせず、与えず、助けず」

会談前に握手した茂木外相(右)と康外相だったが…

会談前に握手した茂木外相(右)と康外相だったが…

 【激動 安全保障の危機】 韓国は、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を主張していたが、「GSOMIAの終了通告を停止する」と突然の方針転換をした。この方針転換は、米国の「GSOMIA継続」への強い圧力の結果であり、米国と共同歩調を取り、毅然(きぜん)と対処してきた日本政府の勝利でもある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ