韓国、GSOMIA失効“回避”の全舞台裏! 親韓派暗躍も「一切妥協なし」の姿勢崩さず完勝、徴用工で“追撃”も

前の写真へ
次の写真へ
文在寅大統領(聯合=共同)

文在寅大統領(聯合=共同)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、土壇場で降伏した。日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限(23日午前0時)直前の22日夕、失効を回避する方針を日本側に伝えてきたのだ。日本の輸出管理厳格化に狂乱し、無関係な「GSOMIA破棄」というカードを振り上げてみたが、安倍晋三政権は毅然(きぜん)とした姿勢を崩さず、同盟国・米国からも恫喝(どうかつ)され、一時撤退を選択せざるを得なかった。韓国の「外交的自爆」といえるが、文政権の「反日・離米・従北・親中」方針は変わっていない。いわゆる「元徴用工」の異常判決で生じた国際法違反状態も続いている。文政権には、決然と対応するしかない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ