『反日種族主義』編著の李氏 徴用工判決「反日運動家の政権の影響」

記者会見する李栄薫元ソウル大教授(右)=21日、東京・内幸町(原川貴郎撮影)

記者会見する李栄薫元ソウル大教授(右)=21日、東京・内幸町(原川貴郎撮影)

 韓国でベストセラーとなった『反日種族主義』の編著者の李栄薫(イ・ヨンフン)元ソウル大教授が21日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見した。李氏は、いわゆる徴用工訴訟をめぐる昨年10月の韓国最高裁判決と文在寅(ムン・ジェイン)政権との関係について「三・一独立運動以降の抗日精神を継承している今の政権と与党の『共に民主党』は反日運動家として非常に訓練されている集団だ。そうした政権の影響を受けての判決だと思っている」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ