礼砲発射「緊張の連続」 山梨・北富士駐屯地の戦砲隊長

前の写真へ
即位礼正殿の儀の際に礼砲を発射する陸上自衛隊第1特科隊の隊員。後ろで赤い旗を振り下ろしているのが小林義将さん=10月22日午後、東京・北の丸公園(酒巻俊介撮影)

即位礼正殿の儀の際に礼砲を発射する陸上自衛隊第1特科隊の隊員。後ろで赤い旗を振り下ろしているのが小林義将さん=10月22日午後、東京・北の丸公園(酒巻俊介撮影)

 天皇陛下が即位を宣明された10月22日の即位礼正殿の儀の際に発射された21発の礼砲。担当したのは唯一の礼砲部隊である陸上自衛隊北富士駐屯地(山梨県忍野村)の第1特科隊だ。戦砲隊長の大役を果たした長野県山形村出身の1等陸曹、小林義将さん(37)は「緊張の連続だった」と振り返る。(渡辺浩)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ