中国の海洋軍事進出に懸念と反対 首相と米軍制服組トップ表明

前の写真へ
マーク・ミリー米統合参謀本部議長(左)の表敬を受ける安倍晋三首相=12日、首相官邸(春名中撮影)

マーク・ミリー米統合参謀本部議長(左)の表敬を受ける安倍晋三首相=12日、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は12日、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長と官邸で面会した。両氏は南シナ海や東シナ海で軍事的挑発行為を強行する中国に関し深刻な懸念と強い反対を表明した。強固な日米同盟を踏まえ「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、日米両国が連携を深めていく考えでも一致した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ