景気腰折れ回避へ“政策総動員”

参院予算委員会で答弁する西村康稔経済再生担当相=10月、国会・参院第一委員会室(春名中撮影)

参院予算委員会で答弁する西村康稔経済再生担当相=10月、国会・参院第一委員会室(春名中撮影)

 安倍晋三首相が策定を指示した経済対策は、台風などの自然災害や米中貿易摩擦による世界経済の減速リスクなど、政府がみずからコントロールできない想定外の要素への対応が柱となる。悪影響の拡大を食い止められなければ日本の景気を腰折れさせかねず、財政再建との両立にも目配りした「政策総動員」での対応が求められる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ