配電事業の免許制度の検討開始 再生エネを地産地消

経済産業省=東京都千代田区

経済産業省=東京都千代田区

 経済産業省は企業が特定の地域で家庭や工場までの電力供給に参入できる新たな制度の検討に入った。8日に有識者による委員会を開催し、議論を始めた。大手電力から譲渡や貸与された配電網を、新規参入事業者が運用できるよう免許制度を設ける方向だ。大手電力が独占してきた配電事業の自由化を進める。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ