次期国会は改憲議論や日米貿易交渉が焦点 新閣僚の資質問う試金石

記者会見する安倍晋三首相(右)=11日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

記者会見する安倍晋三首相(右)=11日午後、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

 10月に召集予定の臨時国会では、安倍晋三首相(自民党総裁)が先の参院選で訴えた憲法改正議論の進展に加え、厚生労働省が公表した公的年金の財政検証や日米両首脳が大枠合意した貿易交渉が焦点となる。第4次安倍再改造内閣が臨む初の国会論戦は、新閣僚の資質を問う試金石ともなる。(大橋拓史)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ