タクシーは“センシングカー” 配車アプリ、真の狙いはビッグデータ活用 

大阪府、京都府での新タクシー配車サービス開始を発表したDeNAの中島宏常務執行役員

大阪府、京都府での新タクシー配車サービス開始を発表したDeNAの中島宏常務執行役員

 【経済インサイド】 スマートフォンアプリを使ってタクシーを呼ぶことができる配車アプリ。IT企業の参入が相次ぎ、全国での普及に向けた割引キャンペーンを繰り広げている。だが、割引サービスや全国展開などの投資が各社の負担になっており、見合う利益はすぐには得られない。それでも手綱を緩めない本当の狙いは、タクシーを“センシング(計測)カー”として集めた膨大な情報(ビッグデータ)が、次のビジネスにつながるからだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ