もはや詐欺…止まらない野党の「政党ロンダリング」

前の写真へ
会談で国民民主党の玉木雄一郎代表(左)に衆院統一会派結成を呼びかけた立憲民主党の枝野幸男代表。即座に合意とはならなかった=8月5日、国会内(春名中撮影)

会談で国民民主党の玉木雄一郎代表(左)に衆院統一会派結成を呼びかけた立憲民主党の枝野幸男代表。即座に合意とはならなかった=8月5日、国会内(春名中撮影)

 先の参院選は改選過半数を獲得した与党の勝利に終わった。立憲民主、国民民主、共産などの野党5党派は32の改選1人区全てで候補者を一本化して自民党候補に対抗したが、野党の10勝22敗に終わった。それでも「自民の単独過半数を切らせたのは成果だ」(立民の枝野幸男代表)となぜか強気だが、野党の責任は重い。所属政党を隠して“無所属”出馬する「政党ロンダリング」がまたも行われたからだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ