政府、北批判抑制 危機感も米国に配慮 自民に不満拡大

北朝鮮による飛翔体発射

北朝鮮による飛翔体発射

 北朝鮮が国連安全保障理事会の決議に反して短距離弾道ミサイルなどの発射を連続して強行していることに対し、日本政府はあえて抑制的な対応にとどめている。日本人拉致問題の解決に全面協力を表明し、米朝対話を重視するトランプ米大統領への配慮があるからだ。一連の発射による直接的な被害は確認されていないが、日本の安全保障を脅かす北朝鮮の異常な軍事的挑発に政府は危機感を強めており、両にらみの対応を迫られている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ