米に「拉致解決」迫られ…北朝鮮、水面下で日本側と接触か 安倍首相の怒りと執念、そして北が示唆した条件とは

安倍首相(左)とトランプ大統領(右)は、正恩氏の決断を促すために策を練る

安倍首相(左)とトランプ大統領(右)は、正恩氏の決断を促すために策を練る

 ドナルド・トランプ米大統領は25日から国賓として来日し、安倍晋三首相と首脳会談を行い、北朝鮮の拉致被害者家族とも面会する。トランプ氏は今年2月、ベトナムの首都ハノイで行われた米朝首脳会談で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、拉致問題解決の必要性を強く迫った。これを受け、北朝鮮側は水面下で日本側に対し、日朝首脳会談に向けた調整を持ちかけてきているという。安倍首相の怒りと執念、北朝鮮側が示唆した条件とは。日米首脳会談では、北朝鮮の動向を分析したうえで、両首脳による「対北通告」を発することもありそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ