ファーウェイ禁輸 日本政府冷静保つ 菅官房長官「各国動向注視」

会見に臨む菅義偉官房長官=16日、首相官邸(春名中撮影)

会見に臨む菅義偉官房長官=16日、首相官邸(春名中撮影)

 日本政府は、米商務省が華為技術(ファーウェイ)に事実上の禁輸措置を発動したことを冷静に捉えており、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は16日の記者会見で「サイバーセキュリティーの確保は安全保障上極めて重要だ。各国の動向を注視しながら必要であれば(対応を)検討したい」と述べ、事態の推移を注視する考えを示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ