日米印比が対中包囲網 海自からは「いずも」参加

【日米印比共同巡航訓練】戦術運動を行う、(手前左から)「ウィリアム P.ローレンス」、「むらさめ」、(中央左から)「シャクシティ」、「いずも」、(奥左から)「アンドレス・ボニファシオ」、「コルカタ」(海上自衛隊提供)

【日米印比共同巡航訓練】戦術運動を行う、(手前左から)「ウィリアム P.ローレンス」、「むらさめ」、(中央左から)「シャクシティ」、「いずも」、(奥左から)「アンドレス・ボニファシオ」、「コルカタ」(海上自衛隊提供)

 海上自衛隊と米国、インド、フィリピンの各海軍が南シナ海で共同巡航訓練を行ったのは、一方的な現状変更を重ね、海洋進出を先鋭化させる中国を強く牽制(けんせい)するためだ。日米両政府が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」の旗の下、対中包囲網は狭まりつつある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ