紙幣刷新に漏れた二千円札 令和時代を生き残れるか

前の写真へ
次の写真へ
新紙幣の発行を発表する麻生太郎財務相=4月9日、財務省

新紙幣の発行を発表する麻生太郎財務相=4月9日、財務省

 【安倍政権考】 一万円、五千円、千円の紙幣(日本銀行券)が肖像画やデザインを変え、20年ぶりに刷新される。新元号「令和(れいわ)」の時代に合わせた世代交代ともいえるが、今回、刷新対象から外れたのが二千円札だ。他の紙幣より使い勝手が悪いため流通枚数が極端に少なく、刷新による偽造防止の必要性が低いと判断された。政府は需要拡大を促してきたが、思うような成果は上がっていない。地元のシンボルの守礼門が描かれた沖縄県では日常的に使われているが、全国規模で生き残ることはできるのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ