レーダー照射問題でも「未来志向」なのか

24日、ソウルの韓国外務省を訪れた外務省の金杉憲治アジア大洋州局長(共同)

24日、ソウルの韓国外務省を訪れた外務省の金杉憲治アジア大洋州局長(共同)

【政論】 韓国海軍駆逐艦による海上自衛隊のP1哨戒機への火器管制レーダー照射は、攻撃予告ともいえる危険な行為だ。これに対し、岩屋毅防衛相は発生直後から「未来志向の日韓関係」を強調するなど抑制的な態度に終始している。「大局に立つ」ことが重要だというが最前線で命を張る自衛隊員との意識の差は大きい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ