韓国海軍、海自哨戒機にレーダー照射 岩屋防衛相「極めて危険な行為」

海上自衛隊のP1対潜哨戒機=朝霞駐屯地(酒巻俊介撮影)

海上自衛隊のP1対潜哨戒機=朝霞駐屯地(酒巻俊介撮影)

 岩屋毅防衛相は21日夜、防衛省で緊急の記者会見を開き、能登半島沖の海上で20日、韓国海軍の艦艇が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制用のレーダーを照射したと発表した。火器管制用レーダーはミサイルを発射する際に対象を捕捉するために使われるもので、照射は攻撃を前提とする行為。日本側は21日、外交ルートで韓国側に厳重に抗議し、再発防止を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ