大阪北部地震半年 被災地の小学校で防災新聞づくり

新聞作りについての発表内容を相談する児童ら=高槻市立松原小学校

新聞作りについての発表内容を相談する児童ら=高槻市立松原小学校

 今年6月の大阪北部地震から18日で半年。被災地で防災に関するさまざまな取り組みが進められているが、大阪府高槻市の市立松原小学校(神崎雅子校長)でも、4、5年生が防災意識を高めようと、3種類の防災新聞を作った。今後、地域に配布し、読んでもらうという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ