佐川氏証人喚問 「特例承認」の意味は長期の貸し付け

前の写真へ
次の写真へ
衆院予算委員会の証人喚問のため国会に入る佐川宣寿前国税庁長官=27日午前、国会内(斎藤良雄撮影)

衆院予算委員会の証人喚問のため国会に入る佐川宣寿前国税庁長官=27日午前、国会内(斎藤良雄撮影)

 佐川宣寿前国税庁長官は27日午後の衆院予算委員会での証人喚問で、森友学園への国有地売却に関する財務省の決裁文書に記載された「特例承認」の意味について、「国有地は売り払いが原則だが、貸し付けもある。3年を超える貸し付けの場合は本省の承認が必要だった」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ