翁長雄志知事、迫られる踏み絵 那覇軍港移設で浦添埋め立て 容認すれば辺野古反対と矛盾

前の写真へ
次の写真へ
沖縄県名護市長選で、辺野古の集落で稲嶺進氏(右)の応援演説をする翁長雄志沖縄県知事=1月28日

沖縄県名護市長選で、辺野古の集落で稲嶺進氏(右)の応援演説をする翁長雄志沖縄県知事=1月28日

 【防衛オフレコ放談】 沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事は4日投開票の名護市長選で米軍普天間飛行場=同県宜野湾(ぎのわん)市=の名護市辺野古移設阻止で結束する稲嶺進氏が敗れ、移設阻止に向けた態勢に綻びが生じた。態勢を立て直そうとしても、間もなく米陸軍那覇港湾施設(那覇軍港。那覇市、56ヘクタール)の移設をめぐり踏み絵を迫られることになる。逆に政府にとっては、日米安保体制の重要性に理解を示す一方、辺野古移設には反対する翁長氏の矛盾を突く「最強のカード」(政府高官)を突きつけるときが来た。(社会部編集委員 半沢尚久)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ