北朝鮮拉致 地村保志さん、富貴恵さん夫妻が久しぶりの登壇 「必ず解決の日が来ると信じている」

次の写真へ
地元の福井県小浜市で開かれた集会で拉致問題の早期解決を訴える地村保志さん(右)と妻、富貴恵さん=9日午後

地元の福井県小浜市で開かれた集会で拉致問題の早期解決を訴える地村保志さん(右)と妻、富貴恵さん=9日午後

 北朝鮮による拉致被害者5人が平成14年10月15日に帰国してから15年となるのを前に、福井県小浜市に住む拉致被害者、地村保志さん(62)と妻の富貴恵さん(62)が9日、地元で開かれた集会で壇上に立ち「拉致問題を風化させず、運動を続けることで、必ず解決の日が来ると信じている」と呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ