「10万円支給」公約見直し 香川・丸亀市長、半額提案

 香川県丸亀市の松永恭二市長は25日、新型コロナウイルス対策として全市民に1人5万円を給付する方針を明らかにした。4月の市長選で10万円の支給を公約に掲げて当選したが、財源不足を理由に見直した。

 関連経費約57億円を盛り込んだ補正予算案を6月1日開会の市議会に提出する。財源には市のボートレース事業からの繰入金を充てる。松永氏は「コロナと闘う中で予算がかかることがたくさんあることも考慮し5万円とした」と述べ、「公約違反とは考えていないが、当てにしていた人や楽しみにしていた人には申し訳ない」としている。

 松永氏は市長選で当時の現職と一騎打ちとなり、わずか917票差で初当選していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ