自衛隊員らにモデルナ製ワクチン接種 大規模接種会場

 自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場となる大阪府立国際会議場(大阪市北区)で23日、住民への接種開始前に、問診などを担う自衛隊員や民間看護師らにモデルナ製のワクチンが接種された。

 モデルナ製のワクチンは21日に正式承認され、東京や大阪の大規模接種センターで使用されることが決まっていた。同会場は24日から、大阪市の65歳以上の高齢者を対象に接種を開始。その後、対象者を広げる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ