元島民らが疑義の軍艦島報道 NHK、外部有識者で検証 

 NHKの前田晃伸会長は17日の参院決算委員会で、長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)をテーマにした昭和30年の同局番組「緑なき島」をめぐり、有識者らの検証に委ねる考えを示した。同番組の坑内映像については元島民らが「別の炭鉱の映像が使われている」と主張している。自民党の山田宏氏への答弁。

 坑内作業を紹介した映像では、従業員はふんどし姿で安全灯を装着せず、裸電球で照らされた天井の低い坑道をはって作業している。いずれも元島民らが証言する当時の作業実態や炭坑の保安規定に反している。韓国メディアなどは映像を「朝鮮半島出身者に非人道的な強制労働が行われていた証拠」として引用していた。

 前田氏は映像について「当時の取材に基づき放送されたと報告を受けている」と述べた上で「外部の有識者の意見をうかがうことなどを含め、新たな検討をするように指示をしたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ