武田総務相 高齢者接種の前倒し要請「圧力加えてない」

 武田良太総務相は17日の参院決算委員会で、新型コロナウイルスワクチンの高齢者接種の前倒しを求め、総務省職員が自治体に繰り返し電話したことに関し「決して圧力を加えたことはない」と強調した。その上で「そう捉えられたとするなら、きちんと訂正しないといけない」と釈明した。

 自治体への電話の意図については「(前倒しに向けた)課題を聞いて厚生労働省などに伝え、解決に努めてきた。自治体の抱える問題を一緒に解決していくのは間違ったことではない」と述べ、接種の迅速化に意義があったとの認識を示した。立憲民主党の勝部賢志氏への答弁。

 関係者によると、政府の調査で7月末までに高齢者接種の完了が難しいと回答した約700自治体の首長や幹部職員に対し、4月下旬以降、総務省職員が電話し、前倒しを要請した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ