【菅首相記者会見詳報】(1)「今が感染食い止める大事な時期」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は14日夜、官邸で記者会見に臨み、新型コロナウイルスの感染が拡大している北海道、岡山、広島の3道県に緊急事態宣言を発令すると表明した。記者会見の詳細は以下の通り。

 「先ほど、新型コロナ対策本部を開催をし、緊急事態宣言について北海道、岡山県、広島県を追加し、期間は5月16日から5月31日までとすること、蔓延(まんえん)防止等重点措置について群馬県、石川県、熊本県を追加をし、期間は5月16日から6月13日までとすることを決定をいたしました」

 「全国の感染状況は地域によって差が見られるなか、感染が急速に拡大している地域があります。新規感染者数は大阪では減少に転じてますが、東京はおおむね横ばいの状況であり、愛知、福岡では感染者数の増加が続いております。そうした中で比較的人口規模の大きな北海道、岡山県、広島県において新規感染者数が極めて速いスピードで増加しております。それらの地域においては、これまで地元の自治体と連携しつつ対策を進めてきましたが、今朝の分科会においては専門家の方々から、より厳しい対応が必要との考えが示されました」

 「政府としても変位株が広がる中で、今が感染を食い止める大事な時期だという考えに変わりはなく、専門家のご意見も尊重し、今回、追加の判断を行いました。期間は東京などの都府県と合わせて今月末までとし、その後の対応については、その時点で改めて判断を行ってまいります」

 「緊急事態宣言の地域においては、それぞれの自治体と協力をし、飲食店のお酒やカラオケの提供の停止、テレワークの促進など高い緊張感の下で、強い措置を講じてまいります。蔓延防止等重点措置の地域においては、飲食店の時間短縮や見回りなどの集中的な対策を講じ、さらに飲食店のお酒の提供の停止など緊急事態宣言と同様の措置もできることとしております」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ