「接種の加速化に政府挙げて取り組む」 コロナ対策本部の首相発言全文 

 14日夕に官邸で開かれた政府の新型コロナウイルス対策本部での菅義偉(すが・よしひで)首相のあいさつは次の通り。

 「本日、緊急事態宣言の対象地域に北海道、岡山県、広島県を追加し、期間を5月16日から5月31日までとすることとし、また蔓延(まんえん)防止等重点措置の対象地域に群馬県、石川県、熊本県を追加し、期間を5月16日から6月13日とすることを決定いたしました。

 全国の感染状況は地域によって差が見られ、急速に感染が拡大する地域があります。こうした中で、比較的人口規模が大きな北海道、岡山県、広島県においては、新規感染者数が極めて速いスピードで増加しており、分科会における専門家のご議論を踏まえ、緊急事態宣言に追加することといたしました。

 緊急事態宣言の地域においては、飲食店におけるお酒やカラオケの提供の停止、テレワークの促進など、それぞれの自治体と協力して、対策を講じてまいります。また蔓延防止等重点措置の地域においては、飲食店の時間短縮や見回りなどの集中的な対策を講じ、さらに飲食店のお酒の提供の停止など緊急事態宣言と同様の措置もできることといたしております。

 感染対策の決め手となるワクチン接種については、全国の自治体で、今週から順次本格的な接種が進んでいます。7月末までに希望する高齢者の接種を終えることができるようにワクチン接種の加速化に政府を挙げて取り組んでまいります。各大臣におかれては本日の決定に基づき、改めて対策を徹底していただくようにお願いをいたします」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ