立民・共産、衆院内閣委を退席 「さざ波」ツイート高橋参与の出席要求

 立憲民主党と共産党は14日の衆院内閣委員会を途中退席した。国内の新型コロナウイルス感染状況を「さざ波」と表現した内閣官房参与の高橋洋一嘉悦大教授の出席がなければ審議できないと主張した。退席後、立民の今井雅人野党筆頭理事は記者団に「高橋氏が出席しない限りは審議に復帰できない」と表明。高橋氏の参与辞任を求めていく考えも示した。立民の安住淳国対委員長は自民党の森山裕国対委員長と会談し、高橋氏の国会出席を要求した。

 立民の森山浩行氏は内閣委で、高橋氏から謝罪の言葉を受けたと菅義偉首相が明らかにしたことに関し「何について謝ったのか」と質問。加藤勝信官房長官は「首相と高橋氏の会話を逐一承知していない」と答えた。森山氏は「高橋氏から話を聞かないと状況が分からない。質問が続けられない」と反発した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ