改憲派が集会 櫻井よしこ氏「改正望む声、圧倒的に強くなっている」

 憲法改正を訴える公開憲法フォーラム「この憲法で国家の危機を乗り越えられるのか!-感染症・大地震・尖閣-」(民間憲法臨調、美しい日本の憲法をつくる国民の会共催)が3日、東京都内で開かれた。新型コロナウイルス対策として無観客で行われ、菅義偉首相(自民党総裁)がビデオメッセージを寄せた。

 主催者を代表してジャーナリストの櫻井よしこ氏は基調提言を行い、国際情勢の変化に伴い国内外で「憲法改正を望む声が圧倒的に強くなっているのではないか」と指摘した。また、「憲法改正をしないで中国の影響下に入るのか。そんなことはあり得ない」と強調し、隣国の脅威を直視する気概を国際社会に示すためにも改憲が必要だと訴えた。

 公開フォーラムの様子はライブ配信され、自民党の下村博文政調会長や河野克俊前統合幕僚長のほか、野党から日本維新の会と国民民主党の国会議員も参加した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ