大分もGoToイート停止 県民から疑問の声

 大分県は28日、飲食業界を支援する「Go To イート」食事券の第2弾の販売を29日から来月11日まで一時停止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で、県民から販売を疑問視する声が寄せられたほか、農林水産省から再検討を求められたことを受けて決めた。

 県によると、食事券は今月21日に販売を開始し、利用期間は6月末まで。用意した25万セット(500円券24枚つづりで1万円)のうち、27日までに約7万セットを販売した。停止中も対象の飲食店で使用可能という。

 県内では今月24日に1日当たりの感染発表数の最多を3日連続で更新していた。

 同事業をめぐっては、奈良県も医療関係者からの批判を受け、26日に始めたばかりの追加販売を停止している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ