東京23区のワクチン配分格差 葛飾区と豊島区で8倍もの差が出た理由

 ようやく高齢者の接種が始まった新型コロナウイルスのワクチン。だが、東京都の各自治体への配分には、大きな“格差”が生じている。

 東京都の場合、4月26日週と5月3日週の高齢者向けワクチン配分量は、最も多い葛飾区が47箱なのに対し、豊島区はわずか3箱。その結果、65歳以上の摂取可能率はそれぞれ20.9%、2.6%と約8倍もの差がついている。

 なぜこれほどの違いが生じたのか。厚労省健康局健康課予防接種室の担当者が語る。

 「高齢者向けのワクチンは、4月26日週からは全国1741市区町村にまず1箱ずつ。それに加えて4000箱を各自治体の希望に応じて配分しました。希望量は4000箱を上回ったため、実際の配分量は希望量より少なくなっており、そこには高齢者人口の割合も考慮されている。具体的にどう市区町村に分けるかは各都道府県が決めています」

 新規感染者が連日1000人を超えている大阪府では、高齢者人口に応じて全43市町村に均等に配るとしている。

 では、東京都内の差はどうして生じたのか。東京都福祉保健局のワクチン担当者はこう説明する。

 「厚労省の予防接種室に『希望量について統一した基準を示す予定はあるか』と問い合わせたところ、『その予定はない』との回答だったため、各区市町村から上がってきた希望量に応じて配分しました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ