東・南シナ海情勢で協議 日ベトナム外相電話会談

 茂木敏充外相は27日、ベトナムのブイ・タイン・ソン外相と電話で会談し、東・南シナ海情勢について協議した。茂木氏は中国を念頭に、力による一方的な現状変更の試みが継続・強化されているとして「深刻な懸念」を表明した。

 両氏はミャンマー情勢をめぐっても意見交換。深刻な懸念を共有し、事態打開に向けて協力していく方針で一致した。

 茂木氏は「自由で開かれたインド太平洋」の実現のためベトナムは重要なパートナーだとして、経済協力を進めると強調。ソン氏は、新型コロナウイルス対策を含む幅広い分野での2国間関係の強化に意欲を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ