首相、ワクチン「迅速接種体制急ぐ」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は22日、自民党の下村博文政調会長と官邸で会い、新型コロナウイルスワクチンの国民への接種に関し「しっかりスピード感を持ってワクチン接種体制をつくりたい」と述べた。厚生労働省だけでなく、地方自治体との関係が深い総務省も注力するよう指示したと強調した。

 下村氏は面会後、記者団に「ワクチンの供給と接種は別の話だ。接種が早くできるかどうかが、大きな感染拡大につながらないという意味で大変重要だ」と語った。

 下村氏は、党内で検討する選択的夫婦別姓を含む氏制度の在り方について「本格的な議論は次期衆院選が終わってからしたい」と首相に伝達。首相は「分かった」と応じたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ