首相、ワクチン追加供給を要請 ファイザー社CEOと電話会談

 【ワシントン=杉本康士】米国を訪問中の菅義偉首相は17日、米製薬大手ファイザー社のブーラ最高経営責任者(CEO)と電話会談し、新型コロナウイルスの同社製ワクチンの今年9月までの安定供給確保を図るため、追加供給を要請した。

 これに対し、ブーラ氏は追加供給に向けた協議を迅速に進めるとし、新型コロナ克服のため日本政府と緊密に連携する意向を示した。ブーラ氏はまた、国際保健分野での日本の貢献に謝意を表明。会談は約10分間で、感染対策のため電話で行った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ