日米首脳会談“打倒中国”で完全一致、五輪確約も 菅首相、中国による現状変更の試み「譲歩する考えはない」 バイデン氏「中国がもたらす課題に連携して取り組む」

 菅義偉首相は16日午後(日本時間17日未明)、ジョー・バイデン米大統領とホワイトハウスで初めての対面での首脳会談を行った。共同記者会見で菅氏は中国に関し「東シナ海や南シナ海における力による現状変更の試み、他者に対する威圧に反対することで一致した」と表明。バイデン氏も「中国がもたらす課題に連携して取り組む」と述べ、軍事的覇権拡大を進める習近平政権に対峙する姿勢で歩調を合わせた。両首脳は東京五輪・パラリンピック開催に向けた協力も確認した。

 菅首相は会談終了後の共同記者会見で、「米国は日本の最上の友人であり、日米は自由、民主主義、人権などの普遍的価値を共有する同盟国」としたうえで、「インド太平洋地域と世界全体の平和と繁栄に対して、中国が及ぼす影響について真剣に議論を行った」と述べた。

 「台湾海峡の平和と安定の重要性を改めて確認した。新疆ウイグル自治区の状況についても、わが国の立場や取り組みについて理解を得られた」と明らかにした。

 沖縄県・尖閣諸島に関し、米国による防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象と改めて確認した。

 バイデン氏は、日米両国が「インド太平洋地域の強力な民主主義国家だ」と強調し「人権や法の支配を含む共有の価値を守り抜く」と語った。日米同盟は「揺るぎない」とも強調し、海洋進出を含め「中国がもたらす課題に連携して取り組む」と明言するなど、中国を念頭に置いた発言が両首脳から相次いだ。

 バイデン氏はまた、安全な第5世代(5G)移動通信システムの普及や、半導体などのサプライチェーン(部品の調達・供給網)の構築についても日米で協力を進めると述べた。これもハイテク分野で対抗する中国を意識したものだ。

 両首脳とも紺系のスーツで、ネクタイは菅首相がブルー、バイデン氏が薄い紫と似たトーンの装いだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ