独博物館に慰安婦像 加藤長官「極めて残念」

 ドイツ・ザクセン州ドレスデンの州立博物館で韓国系市民団体が主導して慰安婦像を今後1年間展示されることになり、加藤勝信官房長官は16日の記者会見で「慰安婦像の展示はわが国政府の立場や、これまでの取り組みと相いれない極めて残念なことだ」と述べた。

 加藤氏は、慰安婦像の撤去に向け関係者に働きかけていると説明した上で「具体的な対応の仕方についてはコメントを控えたいが、当然、現地における受け止め方も踏まえて適切な対応をはかっていきたい」と語った。

 ドイツでは昨年9月、首都ベルリン市ミッテ区の公有地にも韓国系市民団体による慰安婦像が設置されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ