アレルギーもハラルも…食の安全守る絵文字「フードピクト」 

 言葉がなくても、料理に含まれている原材料が一目で分かる絵文字「フードピクト」の利用が進んでいる。アレルギーを引き起こしかねない小麦や卵などがイラストにしてあり、令和元年には大阪市で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議の会場レストランでも使用された。関西のベンチャー企業発“優しい絵文字”は世界基準を目指す。(中井芳野)

安心くれるステッカー

 「あっ、きょうもストローがない」。3月上旬、神戸市立こうべ小学校(同市中央区)の2年生の教室で、給食当番を終えた横畑心美(ここみ)さん(8)は自身の机を見て、ほっと小さな胸をなでおろした。

 横畑さんはアレルギーで牛乳が飲めない。ただ、これまでに何度も、配膳ミスで牛乳パックやストローが机に置かれることがあった。誤って口にすることはまずないが、給食の時間になると少し緊張する。

 しかし、今日はなかった。今月に入って、配膳係はずっと“ノーミス”を続けてくれている-。

 その理由は、横畑さんの机上に貼られているステッカー。牛乳のイラストが描かれたフードピクトだ。

 神戸市教育委員会は3月、学校給食でアレルギーや宗教上の理由により特定の食材が食べられない児童の「誤食」を防ごうと、食物アレルギーなどがある児童の机に、口にできない食材のステッカーを貼る実証実験を実施した。周囲の子供たちも一目で把握でき、配膳ミスを防ぐ効果を期待してのものだ。

 アレルギーを持つ児童たちは実験以降、周囲の友人たちから「食べられないのを知らなかった」と声をかけられたという。同小の中田宗義校長は「フードピクトで誤食手前だった『ヒヤリ・ハット』もなくしていきたい」とする。

 横畑さんもこの取り組みに「うれしい。前より安心して食べられる」と笑顔をみせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ