「うちわ会食すすめず」と兵庫県知事 配布は中止に

 新型コロナウイルスの感染防止対策として、兵庫県の井戸敏三知事が提唱した「うちわ会食」に反対や批判が出ていることについて、井戸知事は14日、報道陣に対して「うちわで感染防止ができるとは言っていない。全くの誤解で、うちわ会食をすすめたわけではない」と述べ、予定していた32万本の配布を取りやめると表明した。

 井戸知事は「マスクや黙食でも難しいので、うちわや扇子で飛沫(ひまつ)感染を防ぐ対応があってもおかしくないのではと提案した。うちわで感染防止ができるとは言っていない」と強調。その上で、うちわが店で使い回される心配があるとして「店舗への配布は差し控える」とした。

 一方で、「これから暑くなる季節なので、若者への(感染防止の)啓発資材に活用したい」と語った。

 うちわをめぐっては、井戸知事が9日の会見で、「蔓延(まんえん)防止等重点措置」の対象となっている神戸市など県内4市の飲食店に計32万本を配布する方針を表明したが、神戸市が「科学的根拠がなく、かえって危険だ」と配布の中止を申し入れるなどしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ