菅首相、ワクチンパスポート「各国の対応注視」

 菅義偉首相は14日の参院本会議で、新型コロナウイルスのワクチンの接種歴やPCR検査の結果などを証明するワクチンパスポートについて「世界保健機関(WHO)のワーキンググループへの参加などを通じ知見の収集に努めつつ、国内外の議論や各国の対応状況を注視していく」と述べた。日本維新の会の柴田巧氏の質問に答えた。

 ワクチンパスポートをめぐっては、コロナ禍で打撃を受けた経済立て直しに向け、国内での行動制限緩和や海外との自由な渡航を促すことを目的に各国で導入や議論が進んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ