台湾海峡安定の重要性確認 岸防衛相、米インド太平洋軍司令官と会談

 岸信夫防衛相は12日、米インド太平洋軍のデービッドソン司令官と防衛省で会談した。中国の動向を含む東・南シナ海の地域情勢について意見交換し、台湾海峡の平和と安定を維持する重要性を確認した。「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて日米が引き続き連携する方針で一致した。

 自衛隊と米軍の共同訓練を通じて抑止力や対処力を強化すると確認。北朝鮮の弾道ミサイルへの対応をめぐる協力も申し合わせた。会談でデービッドソン氏は「日米同盟は地域の平和と安定の礎だ」と表明。岸氏は「日米の防衛協力は急速な深化を遂げてきた」と成果を強調した。

 これに先立ち、デービッドソン氏は防衛省制服組トップの山崎幸二統合幕僚長とも会談した。デービッドソン氏は近く退任する予定で、日本政府から勲章を受けるために来日した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ