万博公園で1人200メートル 大阪、聖火リレー代替措置

 大阪府の吉村洋文知事は9日、府内全域の公道での実施が中止された東京五輪聖火リレーの代替措置について、万博記念公園(同府吹田市)に全長約3キロのコースを設け、ランナー1人あたり約200メートルずつ走る方向で調整していることを明らかにした。本来予定していた13、14の両日に実施する。府庁で記者団に答えた。

 吉村氏によると、公園を閉鎖した上で無観客とし、ランナーと家族、関係者のみ参加できるようにする。ライブ中継や動画配信も検討しているという。

 聖火リレーの到着式「セレブレーション」は、もともと13日夜に吹田市が同公園で予定していたものを、関連イベントも含め無観客で実施。14日夜に大阪市が市中央公会堂前(同市北区)で開催予定だった式は中止となる見込み。

 リレーの代替措置や式については、近く大会組織委員会から正式発表されるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ