8日告示の参院補選・再選挙は次期衆院選の前哨戦、与野党総力戦

 参院長野選挙区補欠選挙と広島選挙区再選挙は8日、告示される。いずれも与野党対決の構図となる見通しで、25日に投開票が行われる。菅義偉政権発足後初の国政選挙となり、与野党は秋までに実施される衆院選の前哨戦と位置づけて総力戦で臨む構えだ。

 長野補選は、立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴って実施される。自民党は元衆院議員の小松裕氏(59)を立て、公明党が推薦。立民は「弔い合戦」と位置づけて羽田氏の実弟である羽田次郎氏(51)を擁立し、共産、国民民主、社民の3党が推薦する。

 広島再選挙は、公職選挙法違反で有罪判決が確定した河井案里前参院議員(自民離党)の当選無効を受けて行われる。自民は元経済産業省職員の西田英範氏(39)を擁立し、公明が推薦。立民、共産、国民、社民の4野党は無所属のフリーアナウンサー、宮口治子氏(45)に一本化した。「政治とカネ」の問題を受け、政治の信頼回復が争点となりそうだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ