空自F35B配備「宮崎は有力な候補地」 岸防衛相

 岸信夫防衛相は6日の記者会見で、政府が調整する航空自衛隊新田原基地(宮崎県新富町)への最新鋭ステルス戦闘機F35Bの配備に関し「有力な候補地であることは間違いない」と述べた。配備の決定時期について明言を避けた上で「戦闘機部隊を配備している既存の空自基地を中心に検討しているところだ」とした。

 政府は早ければ令和6年の運用を目指す考えで、今後、地元との調整を進める。防衛省九州防衛局幹部は5日、宮崎県副知事と面会し、新田原基地が配備先の有力な候補地となっていると初めて説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ