首相訪米延期 バイデン氏と晩餐会も想定 感染リスクに迫られる米側の準備

 菅義偉(すが・よしひで)首相とバイデン米大統領の会談が1週間ずれ込んだのは、新型コロナウイルスの感染リスクを押さえ込む準備に万全を期すためだ。日本側は日米両国の結束を内外に誇示するためにも会談だけではなく、晩餐(ばんさん)会などの日程を組むよう要望しており、その分、感染防止対策の準備に時間がかかった事情がある。

 「コロナ下で最初に迎える首脳だから、その準備はやはり大変なようだ。それはよく分かる」

 日本政府関係者は2日、会談が1週間ずれ込んだことについてこう語った。外国首脳を「おもてなし」する側としては、コロナに感染させれば失態となる。両政府の調整の結果、首相を含む随行団全員がワクチンを2回打った上で訪米することになったのも同じ理由だった。

 日米外交筋によると、両政府は今回の会談で、両首脳が緊密に連携する姿を世界中に見せることに力点を置いている。中国や北朝鮮の挑発を牽制(けんせい)すると同時に、同盟国を重視するバイデン政権の姿勢をアピールする狙いがある。バイデン政権は現在、米軍の世界的態勢や対中・対北政策の見直しを進めており具体的な政策はこれから。まずはイメージを重視するというわけだ。

 ただ、食事の場など親密な関係を築くための場では接触機会も多くなり、それだけ感染リスクも高まる。78歳のバイデン氏と72歳の首相という高齢の首脳同士のため、周囲は気を使わざるを得ない面もある。(杉本康士、石鍋圭)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ