加藤官房長官、ワクチン選択可能発言「政府もワン・ボイスで」

 加藤勝信官房長官は30日午後の記者会見で、新型コロナウイルスワクチン接種の情報発信をめぐり、河野太郎ワクチン担当相と小林史明ワクチン担当大臣補佐官の間で混乱があったことについて苦言を呈した。

 「しゃべり手によって違いがあった部分は、国民の皆さんにとっては理解を妨げ、理解のプラスにならない。政府としてもできる限りワン・ボイスで、正確な情報を国民の皆さんに伝えていけるよう努力していきたい」と述べた。

 河野氏は同日の記者会見で、希望するワクチンを選択できるとした小林氏の28日の発言について「完全に勇み足だ。撤回しておわびする」などと述べていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ