防衛費増や核シェアリングを議論せよ 台湾や尖閣有事…スキャンダルばかりで外交に取り組まないと大変なことになる

【ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!】

 メディアは先週、首都圏1都3県に出されていた新型コロナウイルスの緊急事態宣言の行方が中心でした。産経新聞電子版が13日、スクープしたのがきっかけです。これに、国会で連日追及される総務省の接待問題を加えた「二題噺」がワイドショーや週刊誌を席巻しました。

 では、他にニュースがなかったのかといえば、そうではありません。

 アントニー・ブリンケン米国務長官と、ロイド・オースティン米国防長官が15日に来日し、茂木敏充外相と岸信夫防衛相とともに16日、日米安全保障協議委員会(2プラス2)を開催しました。

 ブリンケン、オースティン両氏はその後、ソウルで米韓外務・防衛閣僚協議(2プラス2)に出席。ブリンケン氏は帰途、米アラスカ州アンカレジに寄り、ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)とともに、中国の楊潔チ(よう・けつち)共産党政治局員、王毅国務委員兼外相との米中外交協議に臨みました。

 ジョー・バイデン米政権の発足後、外交トップの初外遊であり、東アジアの安全保障環境にとっては、今後数年を占う非常に重要な会談や協議でした。来月上旬にワシントンで予定されている日米首脳会談の方向性を見定める意味でも、注目すべき外交日程でした。

 しかし、日本の報道は通り一遍のものが多く、国内ニュースに追いやられてしまいました。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ