日英防衛相、北ミサイル発射など協議へ 25日に電話会談

 岸信夫防衛相は25日、英国のウォレス国防相と電話会談を行う。同日の北朝鮮による弾道ミサイル発射についても協議し、国連安全保障理事会の決議違反として非難するとともに、危機感の共有を図るとみられる。

 両氏は、英政府が表明している空母「クイーン・エリザベス」を中心とする空母打撃群の東アジア展開についても意見を交わし、共同訓練を含め進捗(しんちょく)を確認する見通しだ。

 日英両政府は先月3日に外務・防衛閣僚協議(2プラス2)をテレビ会議形式で行い、東シナ海、南シナ海の現状について「深刻な懸念」を表明した共同声明を発出している。

 クイーン・エリザベスの派遣は力による一方的な現状変更の試みを継続している中国を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられ、日本側は英空母の東アジア展開を歓迎する意向を示している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ