防衛大卒業式 首相訓示全文

 菅義偉(すが・よしひで)首相が21日の防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で行った訓示の全文は以下の通り。

 「本日、防衛大学校の卒業式にあたり、わが国の防衛の中枢を担うこととなる諸官に対し、心からお祝い申し上げます。卒業おめでとう。新型コロナの影響が長引く中で、きょうの日の諸官の門出をご両親や関係者の皆さまとともにお祝いできず、大変残念であり、また申し訳なく思います。しかしながら、国民の命と暮らしを守るため、できることは全て取り組み、一日も早く新型コロナを収束させる必要があります。その中で自衛隊は、最後の砦(とりで)と期待をされております」

 「私は今年1月、知事の要請があれば、医療支援をいつでも導入できるよう、万全の体制を整えることを自衛隊に指示しました。その後、クラスター(感染者集団)が発生した沖縄の高齢者施設に自衛隊の看護官が直ちに支援に駆けつけました。おかげで施設の雰囲気が良くなった、本当にありがたい、感謝の声が寄せられました。これまでに延べ2万人を越える隊員が各地に派遣され、国民に寄り添い、活動をしていることを誇りに思います」

 「10年前の東日本大震災の際も、自衛隊は最後の砦として、役割を果たしました。震災発生から72時間後には6万人、2週間後には10万人の隊員が全国各地から駆けつけました。そして、行方不明者の捜索や、ご遺体の収容、埋葬を不眠不休で行いました。つらく、困難な任務のときほど、指揮官が隊員を鼓舞するのが役目であります」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ