石垣市の尖閣諸島に行政標識設置する動きに政府が慎重姿勢 そんな弱腰でわが国固有の領土を守れるのか?

 沖縄県石垣市が、尖閣諸島に字名「登野城尖閣」を示す行政標識を設置する動きをみせていることに、日本政府が慎重姿勢を見せている。中国側に「一方的な現状変更」と批判されることを避けたいとみられるが、そんな弱腰で、わが国固有の領土を守れるのか。

 「政府としては尖閣諸島および周辺海域の安定的な維持、管理という目的のため、原則として政府関係者を除き何人も尖閣諸島への上陸は認めない方針をとっている」

 加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、石垣市による行政標識設置の動きに関し、こう語った。

 石垣市では昨年6月、市議会が尖閣諸島の住所地の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更するよう求める議案を賛成多数で可決。市は同年10月に字名を変更し、行政標識の設置を検討している。尖閣が日本領土である以上、当然だ。

 そもそも、中国は先月、海警局に外国船舶への武器使用を認めた海警法を施行するなど、緊張を高める「一方的な現状変更」をしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ